対話カフェin福島小麦の家

2月22日
前回と同じ「小麦の家」で対話カフェvol.2です。

今回は前回と趣向を変えて、利用者の方と施設スタッフの方は別々のグループで行いました。
スタッフのグループは、以前私たちの講座を受けていただいた仲間がファシリテーターを務めてくれます。
前回はオリエンテーションのような位置づけで、今回が本音を語り合う本番、という感じです。
分かち合いの内容は守秘なので、ここではあげられませんが、世の中の動きや復興の流れなどが、皆さんの心に強く影響していることを感じました。
復興への希望が全ての人々に訪れることを願います。

対話カフェとスペシャルコラボイベント in 名取・美田園

2月21日火曜日名取市美田園第一集会所において、対話カフェと音楽のコラボイベントが開催されました。名取市にしては珍しい雪の空模様でしたが、参加者の方々は皆さん早めに会場に集まってくださり、リハーサルは多くの方に見守っていただく中で行われました。

今回は2回目ということもあって、皆んなで作り上げていく雰囲気が更に増してきていました。前回も参加された方の中には、メンバーの歌と演奏のファンになったという方もおられました。

対話カフェでは、現在進んでいる仮設住宅から復興住宅への移転のことや、健康のこと、これからのコミニュティのこと、自身の将来のことなど、思い思いに語って下さいました。

地元の新聞社や、名取市の広報の方も取材に来て下さり、後日記事として掲載されました。

下の写真は、メンバーが到着した時からお手伝いをしてくださった参加者の方です。リハーサルから見守ってくださいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

熱烈なファンの方々に支えられて、最後まで歌い通すことができました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

会場は、大合唱に包まれて皆さんの笑顔で明るい場を醸し出しています。

対話カフェでは、普段お話しないようなことを次々に話されて、皆さんで受け止めて頂いている様子でした。

イベントが終わった後片付けまで、参加者の方々と一緒に行いました。

たくさんの方に見送っていただき「また、来てください。」という言葉に励まされました。

 

 

対話カフェとスペシャルコラボイベント in 東京東雲

2月17日(金)午後2時より、東京都江東区東雲住宅の集会所に於いて、福島沿岸部より 避難されている方々の参加による音楽と対話カフェのコラボイベントが開催されました。

現在、東雲の公営住宅で避難生活をされている方は、400世帯あるそうです。

東日本大震災後、様々な避難所を転々とされて、この住宅に住むことになったということでした。

故郷の地とは勝手の違う都会で、慣れないことが多く、生活をしていくのも苦労が多いようで、年齢が高くなるにつれてその傾向が著しく、自宅から外に出ることも少なくなっているとのことでした。

プロのミュージシャンによる、歌と演奏に合わせて、一緒に歌ったり、配られた打楽器を使ってリズムを取ったり、体を動かして音楽を通じて体と心を開放して普段のストレスを発散している様子がうかがえました。

曲は昭和歌謡を中心としたプログラムで、思い出の音楽に涙して聞いている方も見受けられました。

 

 

音楽のプログラムが終わった後は、山形の蔵王山より汲んできた湧水を使ったコーヒーやお茶を飲みながら対話カフェを行いました。

 

主催者の方々から、これまでこのような訪問がほとんどなかったので、東雲住宅に住んでいる方々がこうして集まることもありませんでした。

今後もこのようなイベントが開催できれば、引きこもっている方に対して、外に出て来てもらい住民同士の会話やコミニュケーションを取るいい機会になるのですが、「また、来てくださいますか?」との依頼を頂きました。

対話カフェ in 福島

2月15日
福島市の障害者施設「小麦の家」で、グループカウンセリングの手法を応用した「対話カフェ」を、施設側主導で開催しました。

12時30分から15時まで、言いっ放し聞きっぱなしのルールによる
「分かち合いの時」を共有しました。
利用者の中に、ピアカウンセリングを学んでいる方がおられ、スタッフの方もこの手法を用いた対話のワークの必要性を理解しておられたので、説明や場づくりの手間が省け大変助かりました。
次回は利用者の方にファシリテーターをお任せしようと思いました。

音楽イベント&対話カフェ in 宇都宮暮ら箱 

とても素敵な空間「暮ら箱」さんでの音楽イベント&対話カフェ 9.Feb。2017

福島の隣県である栃木県宇都宮市は、実は、3.11の際、震度6強の揺れがあり、自宅が全壊、半壊した方が多くいらっしゃる地域です。

 

今回、この企画を開催してくださった女性宅も、半壊判定を受け、罹災証明をもらった方でした。

被災三県ではない地域で被災を受けた方々の中にも、震災をきっかけに様々に問題を抱えてしまうこととなった方が存在しています。

それでも、被災地、被災者、避難者のために、何か出来ることはないかと、自ら活動を立ち上げてくださっている女性たち。

今回は、そのような素敵な女性が集まりました。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

代表・プロミュージシャン 大谷哲範のピアノ演奏♬

オリジナルの美しい音色に、参加者のみなさんうっとり♡

心が癒された♡ すごく感動したと、おっしゃっていただきました♬

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

演奏後の対話カフェは、2グループに分かれて

それぞれに、テーマに沿って話を展開しつつ、心の奥に抱えていることを語っていきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

何回か話をまわしていくうちに、心がほぐれて、みなさんのお顔に笑顔♡

 

 

山形蔵王の湧水を使った珈琲やお茶と美味しいお菓子を囲みながら、

とてもよい時間が持てました。

ご参加くださいましたみなさま

ありがとうございました☆