ミュージック&カフェ in 南相馬・北原

平成30年最後のイベントは、南相馬市の北原団地集会所です。
北原団地は今回で3回目となりますが、会場は身動きが取れないほどの満員です。
予想を大きく上回る入場数に、急いで椅子を出したりお茶の準備をしたりスタッフは大わらわです。

この日は、サプライズのプログラムがありました。
現地のコーディネートをお願いしている斎藤さんが、ギターを持って皆さんに唄を披露するコーナーがありました。いぬをさんのピアノとのコラボです。

普段は支援活動で北原の方々と交流している斎藤さんとは、また一味違った顔が見られました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

浪江の方々にとっては大切な歌、「ふるさと浪江」を斎藤さんの歌に合わせてみんなで歌いました。
ふるさとを想う気持ちが伝わってきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

北原は3回目の開催になります、お馴染みのいぬをさんねこきちさんのファンが多く、定番のあの歌の時は会場がシーンと聞き入ります。
歌い終わると一斉に盛大な拍手が会場に響きます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アンコールの最後の唄は、光るペンライトを持って会場一体となってみんなでしっとりと歌いあげました。

みなさん、盛り上げてくださいましてありがとうございました。

 

ミュージック&カフェ in いわき・四倉南

約1年ぶり、3回目の四倉南でのミュージック&カフェです。

雪模様の山形とは打って変わっていわきは快晴、日本のハワイ(近くにスパリゾートハワイアンがあります)は気候が温暖で雪国の山形から見たら羨ましい限りです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この会場には、いぬをさん、ねこきちさんの熱烈なファンの男性と女性がいます。
歌が大好きで最初から最後までずっと一緒に歌ってくださいました。。
周りの方より、ひと際大きな声ですからすぐに判ります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

イベントが終わって後片付けの時に、参加者が家族のワンちゃんを連れてきてくださいました。
人懐っこい可愛いワンちゃんで、JASTのメンバーも暫し手を止めて癒しのひと時を過ごさせていただきました。
コミュニティを構築するにはまだ多くの課題があるようで、引き続きお手伝いさせていただけるようなことがあれば、是非協力させていただきたいと思い会場を後にしました。

ミュージック&カフェ in 山元町・八重垣神社

 

山元町の八重垣神社にやってきました
八重垣神社は1000年以上の歴史をもつ由緒ある神社です。お神輿を担いだまま、海に入るご神事が有名な神社です。
東日本大震災の津波で社殿などすべての建物が流されてしまいました。
住民や氏子さんたちの熱意によって神社は再建されました。
神社周辺の家屋も流されて、住民の方々は移転を余儀なくされました。
移転先は山元町だけではなく、岩沼市、名取市、仙台市等ふるさとを離れなければなりませんでした。
この日は、この地区の元住人の方々が集まっての語らいの日です。
離ればなれになっても、こうして時々神社に集まっては、この地に住んでいたころを懐かしみ
集まった方々と思いを語り合う時間を大切にしていらっしゃいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今日参加される方々の年代や好みに合わせて、いぬねこ音楽隊の歌と演奏が会場の社務所に響きます。
参加者のアンケートからの抜粋
「歌うことが大好きなのですが、震災後はじめて声を出して一緒にうたいました。
胸がいっぱいになりました。ありがとうございました。楽器の音が、自然と声が出ました。」

皆さん大きな声で歌ってくださいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

昭和歌詞のイベントが終わったあとは、係の方々が作ってくださったふるさとの料理を皆さんでいただいて歓談のひと時を過ごしました。
震災の時の出来事やその後の道のりなど、語りつくせぬ程の思いを語り合う時間が静かに流れていきます。

参加者の方々は再会を約束して、会場を後にされました。

神社の宮司さんをはじめ、役員のみなさん、参加者のみなさん、ありがとうございました。

 

ミュージック&カフェ in 江東区・東雲

今回が6回目の訪問となる東雲ですが、帰還が進んでいるために参加人数も少しずつ減ってきています。
いぬをさん、ねこきちさんの昭和歌謡の熱烈なファンがたくさんおられます。
「福島に帰っても近くで昭和歌謡をやるときは連絡ください」と移転先の住所まで知らせて下さる方もおりました。
何度か参加されている方々は殆んどが顔馴染みで、抱えておられる様々な不安や悩みを率直に話して下さいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

歌謡ショーの流れを熟知してくださっていて、曲を盛り上げてくださったり、大きな声で歌ってくださったり、出演者との息もピッタリ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いつも、心待ちにして暖かく迎えて下さる会長さん、闘病中にも拘わらず私たちのことを気遣ってくださり、本当にありがとうございます。

東雲では湧水が大人気で残った湧水は、一滴残らずペットボトルで持ち帰って下さいます。
家に帰ってから、湧水でお茶を飲んだり、水割りにしたりなど楽しみ方も教えてくださいました。
みなさんのふるさとの水の味には足りないかもしれませんが、ひと時の幸せを感じていただけたら嬉しいです。

ミュージック&カフェ in 名取・下増田合同

名取市の仮設住宅が近いうちに閉鎖いたします、これまで美田園第一仮設や植松入生仮設等においても昭和歌謡ショーを開催させていただきました。

仮設住宅から、復興住宅や自主再建などそれぞれに移転が進んていますが、仮設住宅で築いてきた絆で共に苦難を分かち合ってきた大切な仲間と離れ離れになる寂しさが伴います。

今回の企画は名取市の仮設住宅や復興住宅や自主再建や地域住民が一体となった合同企画の開催となります。

いぬねこ昭和歌謡祭 in 名取・下増田公民館 と名打ったイベントを開催しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

実施日の3か月前よりこのイベントのための実行委員会を立ち上げました。
仮設住宅の自治会長さん、復興住宅の自治会長さん、復興住宅の組合長さん、閖上町作り協議会さんなど主だった方々にお集まりくださいました。
開催日まで何度も打ち合わせや調整にお時間を割いていただき、開催へと漕ぎつけることができました。

参加者の会場への送迎は、名取市からの支援によってバスを運行させていただくことになりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いよいよ開幕です。
実行委員会の高橋会長の挨拶から始まります。
高橋会長は美田園仮設住宅の会長さんを長く勤められて、震災後の復興に深く関わってこられました。コミュニティの大切さを話される会長の言葉は重く心に響きます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

会場は、久しぶりに会った仲間との再会の場として賑わっていました。

昭和歌謡ショーは、何回も参加されている方がほとんどで、会場の参加者の楽器の演奏も歌も慣れたようすで、いぬをさん、ねこきちさんを盛り上げてフォローしてくださいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この日のプログラムは、前半、後半の2部制でこれまでの歌謡ショーよりたっぷりと中身の詰まった内容です。
今回は特別にリクエストコーナーがありました、当日会場で参加者から募ったリクエスト曲をいぬねこ音楽隊が即興で披露するという内容で、大変盛り上がりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

参加者アンケートからの抜粋
「ありがとうから始まり、すばらしい歌声でうっとりしました。昭和歌謡祭の案内(のチラシ)は字が大きく、バスの時間、読みやすく今までの企画の中で一番わかりやすく感謝しました。思い出の曲ばかりでした。私は閖上で災害になり、今はようやく復興住宅に入り落ち着いて暮らしております。いぬ、ねこさんの企画を見て、下増田公民館で歌謡祭をありがとう。ありがとう。」
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

開催当日は会場の設営からお茶の準備、参加者の案内などに実行委員会や沢山のボランティアの方々が協力して下さいました。このような大きなイベントは皆さんの協力なしでは成り立たないと改めて感じました。

今回のイベントを開催するにあたりご協力くださいました、実行委員会の方々、各自治会や復興住宅の役員の方々、名取市、下増田公民館、地域住民の方々に深く御礼申し上げます。